• 笑顔の先生
  • 看護師

治療

応援する看護師

この摂食障害は専用の病院があり、そこで治療に専念する事もできます。
勿論、自分の家で、自分の意思で治療に取り組む事も出来ます。
この摂食障害は過食か拒食家によって治療方法が変化します。
まず、過食の場合は食べる事以外に何かをするのが大切です、仕事をわざと忙しくしたり、食事をする時間を決めてしまう事です。
食事をしないと言ってしまえば、それだけ新たにストレスがかかってしまいます。
ですから、そうでは無くて食べても良いが、時間を設定してそこで区切る、それを健康的な食事の時間にする事で体調も整います。
吐くのは禁止、もしくは回数を減少させて下さい。
あまりにも吐くようであればある程度の入院は必要になります。… Read more

弊害

説明する看護師

摂食障害になり、嘔吐を覚えてしまうと非常に沢山の害が発生します。
まず、毎日のように吐いてしまう事で気管支系が弱ってしまいます、そこから慢性的な気管支炎になったり、誤嚥性肺炎になったり、扁桃腺炎になる事もあります。
なにより、口内に胃酸が戻ってくる事により、歯の裏側が溶け出してしまう事があります。歯が溶けてしまえばもう二度と元には戻りませんし、歯医者で治療をしたとしても何度も履いている限りイタチごっこになります。
あまりにも激しく過食嘔吐や下剤の乱用をしていれば、体内の電解質のバランスが崩れる事によってそのまま心不全を起こして死亡する事もあります。
食べて吐いているだけでも、体は確実に死へ向かっているのです。
死にたくないなら普通に食事をすれば良いだけなのですが、摂食障害にかかってしまえばそう簡単にでは普通の食事に戻します。とはなりません。
そこがこの病気の難しい所なのです。… Read more

食事

ホワイトボード

特に意識せずしている食事、これは普通の人にとって楽しい事です。
しかし、ごく当たり前にしている食事が普通に出来なくなる障害があります。それが摂食障害です。
これは拒食症と過食症の2つに分けられます。拒食症の場合はまったく物が食べられなくなったり、食べた後の後悔が凄くて吐いてしまったりします。
過食症の場合は大量の食べ物を食べてしまう病気です。この場合は吐いたり吐かなかったりします。
だいたい1000人に1人の割合でこの摂食障害にかかると言われています。きっかけは様々ですが、多いのがダイエットの反動による物です。… Read more

オススメリンク
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー